Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://earthkeepercrystal.blog118.fc2.com/tb.php/272-c25ad6b2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

中国天目山の禅僧

P9160351.jpg

2014年9月に上海旅行で行った天目山の寺院に日本から渡ってきたけれども

帰れなかった禅僧たちがいたそうです。

P9160352.jpg

通訳の方がその話をしてくれたとき「ふと、日本に連れて帰ってあげよう」と心の中で想いか゛湧いてきました。

現在では、ここの観光地に日本人が来ることは滅多になく、禅僧たちも寂しそうです。

天目山は、鎌倉時代にお茶の発祥の地として、また、禅宗のメッカでした。

お茶碗では、天目茶碗は有名です。

IMG_0497.jpg
高知へ帰ってきてふと禅僧を連れて帰ってきてたことを想いだし、どうすればよいかを村中 愛さんに聞いてみました。

そうすると高知の五台山にある竹林寺に鹿の像が゛ありその奥の池に返してきてあげてくださいとの

メッセージを頂きました。

本日五台山の竹林寺に行ってみると言われた通りの場所に鹿の像がありました。

最初は、牛かと思いお寺の人に鹿の像を尋ねると、言われた場所に鹿の像はありました。

IMG_0501.jpg

そして、中国から連れて帰ってきた水晶玉を鹿に捧げて「無事の帰還」を報告しました。

IMG_0505.jpg

最後に蛙の像のある池にぽちゃんとさせていただきました。

何故か、心がほんわかして「よかったねえ、お疲れ様でした。」が出てきました。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://earthkeepercrystal.blog118.fc2.com/tb.php/272-c25ad6b2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

CalendArchive

プロフィール

earthkeeper p-chan

Author:earthkeeper p-chan
アースキーパークリスタル協会
■URL
http://earthkeepercrystal.com
■E-mail
info@earthkeepercrystal.com

Books


アースキーパークリスタル P chan
小川雅弘 (著)

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。