Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://earthkeepercrystal.blog118.fc2.com/tb.php/211-7ac06fba

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

雷獣

IMG_5482.jpg

2012年の12月22日の新しい時代を迎えるに当たり

我が家の『加尾の庭』の総決算を行っています。

ゴーストバスターズにお願いをして

家と庭のクリーニングをお願いすると

出るは、出るは、沢山のものが出てきました。

写真に写っているのがハクビシンの妖怪と言われるものでした。

インターネットで調べてみると『雷獣』と呼ぶようです。

『雷獣』は雷や龍とともに天から落ちてくる妖怪で日本全国に伝承が残されています。

チャネラーのNさんによると『雷獣』は琵琶湖の島に落ちてくる予定だったのが

何を間違えたか我が家の池に落ちてきたようです。

琵琶湖の島の神様が面倒を見てくれて、一緒に五頭の『雷獣』が世界中に落ちてきたとのこと

日本には琵琶湖に一頭と我が家に一頭ツインで日本に落ちてきたとのことでした。

IMG_5476.jpg

その話を聞くとすぐに琵琶湖の島は、竹生島で島の神様は弁財天である事が解りました。

かつてお参りに行ったことがある日本五大弁財天の一つだからです。

また、インターネットで調べているとその竹生島に『雷獣』が1802年に落ちてきた絵が

残されていることが解りました。

我が家の『雷獣』は琵琶湖に帰りたい、仲間のところへ連れて行ってほしいと言っているようで

本日11月30日に琵琶湖の竹生島へ『雷獣』を送り届ける事になりました。

神様と妖怪の運送屋です。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://earthkeepercrystal.blog118.fc2.com/tb.php/211-7ac06fba

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

CalendArchive

プロフィール

earthkeeper p-chan

Author:earthkeeper p-chan
アースキーパークリスタル協会
■URL
http://earthkeepercrystal.com
■E-mail
info@earthkeepercrystal.com

Books


アースキーパークリスタル P chan
小川雅弘 (著)

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。